未成年でも借りれる金融業者ってあるの?

未成年、つまり満20歳未満の人にはお金を貸さないという貸金業者がほとんどです。これは、20歳を迎えていない人の契約は無効にできるという法律があるためです。融資しても返済されない恐れがあるために、大手の銀行や消費者金融はお金を貸さないのです。もし簡単に貸してくれるというところがあったなら、それは闇金の可能性大ですので、関わらないのが無難です。
しかし、親の同意があれば成人年齢に達していない学生や社会人でも貸してくれるところはあります。学生ローンなどと看板を出している会社がそれで、そこであれば未成年でも借りれる金融業者ということになります。
しかし、例外的に未成年でもキャッシングできる場合があります。それは、結婚しているというケースです。日本の法律では、婚姻により成人という扱いになるためです。20歳未満でも、家庭を持ち安定収入があるのであれば、融資してくれるところもあります。ですので、申し込みをする際には、「既婚者だ」というのを伝えるようにするのがよいでしょう。ただし、成人扱いですので、契約無効という法律は利用できないので、きちんと返済する義務は生じます。
それから、カードローンの申し込みは難しくても、クレジットカードにキャッシング枠をつけるだけなら簡単な場合があります。ネットなどで対応していますので、もしクレジットカードをすでに持っているというのであれば、それから試してみるのがよいかもしれません。