クレジットカードとカードローンの違いとは何か

クレジットカードもカードローンも両者とも銀行や消費者金融の店頭や無人ATMで申し込めるものですし、ネットからも利用が可能です。両者ともにカード形態であり、利用するためには審査を受けなけらば発行してもらえないものですがいくつか違いがあります。
まずクレジットカードですが、こちらは商品を買うときに後払いをするために使うカードです。購入するときに現金がなくても、後日口座にお金が入っていれば引き落としがされます。クレジットの場合は使用金額に応じてポイントが貯まり、プレゼントに交換できる特典なども存在します。一方でカードローンは現金を借りるためのものです。特にポイントが貯まるわけでなく、何かを購入するときやサービスを受けるときだけでなく何かの支払いのときにお金がないといったとき、お金そのものをATMなどからすぐに引き出せる商品になります。
両者とも後で支払う必要があるので事前に審査が必要で、申込者の年収や勤務先といった要件で使える金額が限定されます。支払い方法もクレジットの方は1回払いやボーナス払いや分割払いといった様々な支払い方法が可能であることに対し、融資の場合は契約時にあらかじめ決められている金額を毎月きちんと返済しなければなりません。いずれにもそれぞれの特性を生かしたメリットやデメリットがあるので2枚お財布に入れておくと賢く家計を管理することが可能です。一体型のものも最近は増えてきているので、検討してみてはいかがでしょうか。